ASHU news ロゴ

<< 沖縄・那覇で “RYUBOコレクション2017” を開催します | main | アンリアレイジ展 “A LIGHT UN LIGHT” を開催中です >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

山縣良和が東京都庭園美術館 “装飾は流転する” 展に参加します

11月18日から東京都庭園美術館で展覧会「装飾は流転する」が開催されます。亜洲中西屋(ASHU)は、7組のアーティストが参加する同展で、ファッションデザイナー山縣良和の展示パートを制作します。

 

 

山縣良和はファッションブランド「writtenafterwards (リトゥンアフターワーズ)」とファッションスクール「ここのがっこう」を主宰。「装うこと」の意義や起源そのものを問う作品は、近年ますます注目されています。ASHUは、山縣良和が坂部三樹郎とともにプロデュースした「絶命展」(2013)、「絶・絶命展」(2015)の企画制作を手掛けました。本展にはwrittenafterwardsの2018年春夏最新コレクションを中心としたインスタレーションを展示します。

 

 

 

●開催概要

タイトル:装飾は流転する〜「今」と向き合う7つの方法

     Decoration never dies, anyway

会期:2017年11月18日(土)〜 2018年2月25日(日)

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)

会場:東京都庭園美術館(本館・新館)

   東京都港区白金台5−21−9 TEL: 03-5777-8600  

   http://www.teien-art-museum.ne.jp

*観覧料や各種割引、シルバーデーに関するご案内などについてはホームページをご覧下さい

 

出展作家;ヴィム・デルヴォワ(Wim Delvoye)、山本麻紀子(Makiko Yamamoto)、ニンケ・コスター(Nynke Koster)、山縣良和(Yoshikazu Yamagata)、高田安規子・政子(Akiko & Masako Takada)、アラヤー・ラートチャムルーンスック(Araya Rasdjarmrearnsook)、コア・ポア(Kour Pour)

 

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館

後援:イラン・イスラム共和国大使館、オランダ王国大使館、タイ王国大使館、ブリティッシュ・カウンシル、ベルギー王国大使館、公益財団法人アーツフランダース・ジャパン

 

 

topページ

 

 

 

スポンサーサイト
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ashu-news.jugem.jp/trackback/76
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
SPONSORED LINKS