ASHU news ロゴ

<< RYUBOコレクション2017アーカイブ#1: YOKANG | main | RYUBOコレクション2017アーカイブ#3: LEQUIO >>
RYUBOコレクション2017アーカイブ#2: PLASTICTOKYO

昨年の11月11日、沖縄・那覇のデパートリウボウで開催された「RYUBOコレクション2017」より、亜洲中西屋(ASHU)が企画制作した〈TOKYO / OKINAWAコレクション〉2018SSランウェイショーのアーカイブ・フォトをお届けしています。2つめのブランドは東京からの参戦組、今崎契助がデザインするPLASTICTOKYO(プラスチックトーキョー)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今崎契助(PLASTICTOKYOデザイナー)

 

 

Photographs by Ko Tsuchiya

 

 

PLASTICTOKYO(プラスチックトーキョー)/ 今崎契助(KEISUKE IMAZAKI)

京都出身の今崎契助は2013年春夏期から「PLASTICTOKYO」として本格的な活動を開始した。ブランド名の由来は1970年代後半から80年代前半にかけて活躍したテクノポップ・バンド「プラスチックス」の歌詞から採られている。京都出身の今崎契助は、ブランドを世界に向けて発信するために「東京」を強く打ち出す戦略を持ってコレクションを発表してきた。2016年春夏期にランウェイショー・デビューし、以来力強さと安定感を増すコレクションは新進ブランドの中でも抜群の評価を得ている。2016年には「DHLデザイナーアワード」、そして若手にとって最高の栄誉と言える「毎日ファッション大賞」の新人賞・資生堂奨励賞に輝いた。これまではメンズラインを中心に女性のファンも取り込むユニセックスなコレクションを展開してきたが、2017-18年秋冬期からは独立したレディスラインも発表している。今回のオリジナルコレクション発表のために沖縄入りを重ねた今崎は、大胆にも今期の最新コレクション全体に沖縄にインスパイアされた主題をフィーチャーすることに決めた。http://plastictokyo.jp

 

 

企画制作:亜洲中西屋

ショー演出:谷岡万城男(bon)

ショー演出補:渡邊里沙 / 那須梓司 (bon)

PR(東京プレス):中西千帆子 / 森繁牧子(traffic)

 

 

topページ

 

 

スポンサーサイト
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ashu-news.jugem.jp/trackback/81
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
SPONSORED LINKS